2015年11月16日

稲本 響 = ピアニスト・作曲家

1977 年大阪・堺に生まれる。3 歳でピアノを始め、5 歳でクラリネット奏者である父との共演でステージ・デビュー。小学生の頃より年間100 本以上の公演を行う。13 歳の時に、女流ピアニスト:アンネローゼ・シュミットの勧めでベルリン留学を決意するが、東西ドイツ統一混乱の影響で断念。京都市立堀川高等学校音楽科にピアノ専攻で入学。改めて18 歳でドイツ・ミュンヘン・リヒャルト=シュトラウス音楽院へ留学。欧州コンサートの模様がヨーロッパ全土に衛星生放送され、ドイツ大手新聞社を始め各方面より大絶賛を得る。3 年間をかけて、ピアニストの巨匠:アルフレッド・コルトーの奏法を身につけ、独自の改良を加えて帰国。

2000 年、専属調律師(コンサートチューナー):高木裕と出会い、本人仕様の特注ピアノ「ニューヨーク・スタインウェイ」を全国の各コンサート会場やレコーディングスタジオに毎回持ち運ぶという、世界でも例を見ないスタイルを開始。演奏表現の幅を画期的に広げ、オリジナル、クラシック、カヴァーのCDアルバムを3 枚同時に発売してのメジャーデビューを飾る。

2002 年、俳優市村正親と2 人で行った舞台「海の上のピアニスト」では24 歳で音楽監督・作曲・演奏を担当し、話題となる。2003 年にはオリジナル活動の幅を更に広げ、上野の森美術館・ピカソ展のテーマ曲なども手がける。全曲書き下ろしたソロ・ライヴ「NEW YORK SHOWER」にて本人発明された鍵盤楽器音色変換装置「ピアノミュート」は特許取得済(特許第4572092号)

2004 年以降は、京都平安神宮「紅しだれコンサート」に出演し過去最高となる5,000 人を超える動員を記録。世界屈指のオーケストラ:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のトップメンバーと共演するなど、クラシックの世界からも高い評価を得る。

話題の映画・舞台・ドラマ・CM等の作曲・音楽監督も務め、その作品は世界的映画祭のグランプリやオリコン週間DVDランキング総合1位など、数々の賞を獲得している。主な作品は、映画「長い散歩」(監督:奥田瑛二・主演:緒形拳・モントリオール世界映画祭にてグランプリ、国際評論家連盟など3 部門を受賞・配給:ゼロ・ピクチュアズ)や映画「グラスホッパー」(監督:瀧本智行・出演:生田斗真、浅野忠信、山田涼介(Hey! Say! JUMP 他)、「イキガミ」(主演:松田翔太・配給:東宝)、「星守る犬」(主演:西田敏行・配給:東宝)、NHK特集ドラマ「眩〜北斎の娘〜」(主演:宮崎あおい)、ドラマW「私という運命について」(出演:永作博美、江口洋介、森山良子、宮本信子 他・第31回ATP賞ドラマ部門最優秀賞・ギャラクシー賞2014年4月度月間賞受賞)、「海に降る」(主演:有村架純)、別役実氏原作の舞台「夜と星と風の物語〜星の王子さまより〜」や宮田慶子氏演出のパルコ劇場人気シリーズ「LOVE30」(出演:水野美紀 山寺宏一 真中瞳 片桐 仁 YOU 生瀬勝久 他)、舞台「君と見る千の夢」(主演:相葉雅紀(嵐))、新国立劇場「わが町」(共演:小堺一機 斉藤由貴 他)など巨匠達からも絶大な信頼を得ている。
また、番組テーマ曲としてテレビ朝日系「キヤノンスペシャル」テレビ東京系「匠の肖像」、テレビCM「ホンダ 〜エリシオンプレステージ〜」「IDC 大塚家具 企業CM」「日本製粉 企業CM」、愛地球博・女性像展示会場テーマ曲、武田薬品工業・現代型不眠プロジェクトイメージ楽曲、Jリーグ「ロアッソ熊本」公式応援歌等も手掛けている。

調律師:高木裕と共に開発した「ムービングピアノ」は客席の中にピアノを移動させて演奏するというピアノ・ライヴとしては前代未聞のスタイルを確立。

一方プレイヤーとしても様々なアーティストとのコラボレーションステージにも積極的で、タップダンサー:熊谷和徳との「TAPMAN x PIANOMAN x MOVIEMAN」や狂言師の茂山逸平、世界的砂絵アーティスト:フェレンク・カーコ、書道家:武田双雲。2008年には村治佳織、藤原道山、亀井広忠、田中傳左衛門、田中傳次郎らとコラボレーションチーム「珠響〜たまゆら」を結成。増上寺やサントリーホールを始め、全国各地において公演を成功させる。

2010年に屋久島を訪れたことを機に、音楽による癒しのプロジェクト「Natural Blessing(ナチュラルブレッシング)」の活動を開始。東日本大震災で被災された方々の心の復興を支援するチャリティー活動も活動の一環として行う。

作曲家としてだけではなく、プレイヤーとしてのアクティヴなスタイルも兼ね備えたクリエイティヴ・ピアニストである。

稲本響の楽曲無料試聴
組曲「Natural Blessing」Opus1

「Natural Blessing」のfacebook
http://www.facebook.com/naturalblessing.pj

Official siteの記事、写真の無断転載を禁じます。

2013年04月29日

Hibiki Inamoto's Profile

Pianist and composer Hibiki Inamoto was born in Osaka, Japan in 1977.
At the age of 3, he began piano lessons and at age 5 he made his stage debut with his clarinet musical father.
He started his musical studies at age 18 where he gained the techniques of pianist master Alfred Cortot and interwined his own reform movement.
During his studies, his European tour received high appraisal from Germany’s major newspapers.

Upon his return to Japan, he met concert tuner master Yu Takagi with whom a specialized piano (New York Steinway (Steinway & Sons)) was prepared which Hibiki transports wherever city he tours.
He has performed with world top members in the renowned Berlin Philharmonic Symphony Orchestra and secured foremost applaud from the classic world.

As composer and music director, he has extended his great recognition in major Japanese films as “Nagai Sanpo” (A Long Walk) which received a Grand Prix Award at the Montreal World Film Festival, “Hoshi Mamoru Inu” (A Dog’s Star Protection), “Ikigami” ((from Manga Living God), etc.
stage plays as “Kimi To Miru Sen No Yume” (1,000 Dreams With You)
”Relative Values” by Noel Coward
“Burn This” by Lanford Wilson
“The West Side Waltz” by Ernest Thompson
“Monsieur Ibrahim et Les Fleurs du Coran” by Eric -Emmanuel Schmitt
“The Little Years” by John Mighton
“Elizabeth Rex” by Timothy Findley
“Pianist on the Sea” (The Legend of 1900) by Alessandro Baricco
“Our Town” by Thornton Wilder etc.
commercial songs for Honda Elysion Prestige, IDC Otsuka Furniture, Nihon Seifun (Japan Flour Co.), and theme songs for Ueno art Museum(Royal Museum) Picasso Exihibition, Aichi Exposition/Women Expression Exhibition and Takeda Pharmaceutical Industry Insomnia Project Image, Official Supporter Theme Song for Japanese football team “Roasso Kumamoto”,etc.

His creativity has also extended to his own inventions including a piano tinbre (piano mute) patent (No. 4572092) where it became possible to play various tinbre (instrumental sounds) as bass, cembello, and percussion on one piano.
During the Years 2006 thru 2009, he improvised a portable piano which can be placed in the center of the audience whereby he would be able to have a direct rapport with them, thus renovating the usual live style of piano performance which boosted Hibiki’s unique creativities.

In Year 2008, he formed a collaboration team called “Earth~Tamayura” of whose participants involves famous Japanese musicians/composers as Kaori Muraji, Dozan Fujiwara, Hirotada Kamei, Denzaemon Tanaka and Denjiro Tanaka and they perform periodically at high quality venues as Zojoji Temple in Tokyo, Suntory Hall, and other nationwide cities.

In Year 2010, having been influenced by his visit to Yakushima, a subtropical island off the southern coast of Kagoshima and part of Kagoshima Prefecture, Hibiki became enthused with healing music and produced a project called “Natural Blessing.”

facebook
http://www.facebook.com/naturalblessing.pj

YouTube
"Natural Blessing" Opus1

2000年01月02日

Official siteの記事、写真の無断転載を禁じます。
wikipedia「稲本響」(2010年5月30日09:26)の書き込み情報は、情報の転載を許諾しております。

1

Recent Entries